しゃかしゃか猫の写真ブログ

Mountaineering, Photography and Bird Gallery.

写真を撮ってみた

初めて撮った!

初めて撮ったのは アオジさん全身が撮れなかったので判断に時間がかかったけどたぶんアオジ

あら! なつかしいツグミさん

あら! なつかしいツグミさん鳥の図鑑で調べるとツグミは3月半ばには群れを作ってシベリアに帰っていくとあります。今日は4月11日。みんなと一緒に帰れなかったのでしょうか? 何らかの理由で帰れない渡り鳥たちは日本の夏を過ごすことが出来るのでしょう…

青緑の宝石と呼ばれるカワセミ

青緑の宝石と呼ばれるカワセミくんクチバシが黒いのでオス赤い口紅を塗ったみたいに見えるのがメスらしいです

初めて見るカケス

初めて見る鳥カケスという名前でした。大きさはハトを細くしたくらいかな?カケスというだけあってカラスの仲間だそうです。鳴き声もカラスっぽい。

カルガモのどんぐり散歩

人にあまり警戒心を持ってないというか、愛されてると知っているのでしょうか? 近づいても慌てて逃げ出すこともないカルガモさん。でもどうして池からこんなに離れた林の中まで上がって来て君たちは何をしてるのでしょう? 調べました。なんとドングリが好…

さてこれは何でしょう?

春になって池の中で黒い固まりが何本も漂っていて形を変えていました。さてこれは何でしょう? 冬の間、眠っていた生き物たちがウグイスの声を聴く頃になるといっせいに誕生します。おたまじゃくしもね。

ヤマツツジ

ヤマツツジが満開です冬の間は風よけ?のネットで囲われていたのですが、満開と同時に外されました。曇り空の柔らかいベストな光。曇り空を白く飛ばす露出、色調、色温度も上手くいって忠実な色再現が出来た撮影でした。石神井公園

今日の都立石神井公園

今日の石神井公園 日本を立つ日が近いのでしょうか? コガモの夫婦が一日中眠っていました。羽を休めると言いますがまさにそんな感じがします。夫婦で長い旅に出る。新婚旅行ですね。越冬地の日本でお相手を見つけ北へ帰ってから産卵、子育てをし再び越冬地…

アオサギとシラサギ

アオサギとシラサギアオサギの方が体が大きいのでいつもゆっくりとした歩みでシラサギに近づいていきます。ストーカー規制は5mくらいでしょうか? それ以上の接近はお断りしてシラサギが飛び立ってしまいます。だからと言って悪さをしようとしてる訳ではな…

みにくいアヒルの子

みにくいアヒルの子 アンデルセン卵から生まれたヒナが1羽だけ色も形も違っていた兄弟や母親から「みにくい」と責められ家から放り出されてしまうどこに行っても嫌われ いじめられる捨てられたアヒルの子ひとりぼっちで厳しい冬を過ごして迎えた春白鳥の群…

眠りの支度

眠りの支度

日が沈み空を舞う

カメラの感度を上げているから明るく写るけど実際は相当暗い。この暗さで獲物を見つける事が出来るのだろうか? しばらく見ていたら帰りを心配してかお相手が闇の中から突然飛んで来てザーと派手に着水したかと思いきやUターンして夫婦で飛び立って帰ってい…

月が見守る森

月が見守る森の中で羽ばたく命はかない

桜の国のムクドリ

桜の国のムクドリ

ヤマガラ

ベージュとブラウンにグレーとブラックおしゃれな鳥さんヤマガラ

世界の感染者数が元に戻っていて驚いた

年始から急激に下がっていた世界の感染者数ワクチン効果? と期待したのですが元に戻っていました。ワクチンが効かないのか? それとも接種より感染のスピードが上回っているのか? 石神井公園三宝寺池の夕陽オリジナルの夕焼け残照スペシャルに設定して撮影…

カイツブリ

カモの子供? みたいな大きさなんですけどクチバシはとんがってるし何か違う。潜水が得意らしくもぐったらなかなか出てこない。離れた場所に浮上すると魚をくわえていたりする。鳴き声も大きく見ていて楽しい。カイツブリ

サギが飛んだ

サギが飛んだ連写の練習、練習、練習

カタクリの花が咲いたよ

春の妖精と呼ばれるカタクリの花が咲いていました

桜を撮ってみた

昼に普通に撮ってもワイルドな都立石神井公園三宝寺池の桜イーゼル立てて水彩画を描いてる方がとても多く、この雰囲気の中で鳥のさえずりを聞きながら写真を撮ってみたり。作品に向き合っている方が多くいるので居心地のいい公園です。ここの桜が満開になっ…

シジュウカラ

シジュウカラ漢字で書くと四十雀この1ヵ月一番多く見かけたネクタイ柄が特徴の小鳥ですサイズはスズメと同じくらい

風見鶏

洋館に風見鶏 桜が満開になりました

石神井ホテル

むかしむかし この橋を渡ると 石神井ホテル があった 石神井公園三宝寺池のほとりにあった 石神井ホテル のお話1915年大正7年武蔵野鉄道(現西武鉄道)の石神井駅が出来ると豊かな湧き水の三宝寺池を中心に観光開発の流れが起こり石神井公園として整備されて…

初めて見た鳥

ルリビタキオスが立派に青くなるまで3年 ミソサザイ山の中の渓流の薄暗い藪の中にいるそうで冬になると平地に降りてくる。声が美しく「渓流の歌姫」、ヨーロッパでは「キング」 スズメより小さい キセキレイスマートでスタイル抜群でした

カルガモさん

カルガモさん

日暮れ

日暮れ

小鳥の名前がわかりました

以前撮った小鳥の名前がやっとわかりましたお腹が白いから シロハラ という名前だそうです確かにお腹が白い赤いのもあって アカハラ もいるらしいシロハラ

今日は世界スズメの日 World Sparrow Day

3月20日は World Sparrow Day 世界スズメの日インドの Nature Forever Society というところが立ち上げたそうです。日本は春分の日、偶然なのか雀始巣(すずめはじめてすくう)というらしい。スズメが巣作りを始める季節。へぇ~~~スズメちゃん 君はやせて…

原始の森のシラサギ

原始の森のシラサギX-E1 XF18~55

アオサギの婚礼

アオサギの婚礼と祝福の舞を踊るカワウ