しゃかしゃか猫の写真ブログ

Mountaineering, Photography and Bird Gallery.

バードウォッチング

久しぶりの都立石神井公園でツミを見た

ツミ Sparrowhawk小鳥や昆虫を捕食する小さな猛禽類 タカの仲間

優しいトンビ

飛べ飛べ とんび 空高く鳴け鳴け とんび 青空にぴーよろ ぴーよろ楽しげに 輪をかいてトビ 別名トンビ Black Kite黒褐色 白い斑点 アーチの角尾 羽ばたくことなく気流に乗っているとても大きな猛禽類ですが他の鳥たちがあまり恐れないのは優しい?タカの仲間

私の青い鳥を初めて見た

桜田淳子が歌っていた私の青い鳥アオバトのことを歌っているのだろうクッククック~ 青い鳥~♪澤田美喜が設立したエリザベス・サンダースホーム「あおばと」「さざれ石」という交差点もある大磯は静かな海岸の町だった原敬総理の別荘跡地もあったアオバト公…

Not yet dawn

Not yet dawn まだ夜明け前

XC50~230

今年から野鳥の写真を撮っていますがほとんどがXC50~230というレンズこのレンズの魅力は何と言っても軽量コンパクト最近、XF70~300も使っているのですが、まだなれません3月の石神井公園

オリンピック後の世界の報道

井上尚弥 大谷翔平 大坂なおみ 久保建英 八村塁 そしてオリンピックで活躍した選手たち日本は今、スポーツの黄金期を迎えている世界の人々の中で日本観光ブームが起きている日本文化の新世紀が来ているのに日本はポップカルチャーの売り出し方を知らない閉会…

バンの家族

春から夏にかけては子育てシーズンみたいですねいろいろ観察することが出来ましたまったく子育てをしないカルガモのオス夫婦で協力しあうカイツブリツバメやアオサギ、オオタカ、シジュウカラ、エナガ、、、バンの家族 夫婦で仲良く子育てをしていました

カイツブリの赤ちゃんには眉毛があった

カイツブリの赤ちゃんには眉毛があった

朝日のあたるアオバズク

朝日のあたるアオバズク

アオバズク Boboobook

アオバズク フクロウの仲間アジアに分布していて日本には繁殖のため夏にやってくる

バンの親子

バンの親子

商店街のツバメ

この商店街で2つのツバメの巣を見つけたこれだけ人の往来があると外敵も来ないでしょういつか巣立ちのシーンが見てみたいものです

カルガモの親子

カルガモの子育ては母親の役割だそうです 抱卵から育ヒナまで観察してると子供に口移しで給餌する事はないようです母親と共に行動出来るようになると餌を探して移動していました主に植物の葉や種子を食べるそうです生存率がとても低いカルガモのヒナ卵は7~1…

ハクセキレイ

ハクセキレイ雲のディフューザーが光の反射と影の差を無くしてくれた

子育て公園

気持ちもどんより梅雨の空 鳥たちには子育ての季節東京都立石神井公園で多くの子育ての場面に遭遇しましたシジュウカラ、エナガ、ムクドリ、カイツブリ、カルガモ、アオサギ、オオタカ、ツバメも、、、 カルガモに子供が生まれていました2羽のヒナがカイツ…

コサギ

コサギ

コサギ

カイツブリのおんぶ

カイツブリのおんぶ子供は、泳いでいる親のおしりの方から背中にのぼっていきます小さなクチバシで親の羽毛をくわえ、のぼっていきますやっと辿り着いた親の背中ですが、おんぶは長い時間続きません突然潜水したり、突然ダッシュしたりして、子供は吹っ飛ば…

カイツブリの親子

カイツブリの親子

河川敷のカラス

荒川の河川敷ヤブの中のケモノ道オオヨシキリの鳴く声がするかき分けて歩み進んで行くと綺麗な花壇があった何年も手を加えたであろう事はすぐにわかったこのような純粋な清らかな光景をもっと見たいと思ったこれは美しいと思った野鳥観察するまではただのカ…

検見川浜の営巣保護地

検見川浜のコアジサシの巣が全滅したというので見に行ってきました1週200~300mくらいでしょうか?柵で囲われた営巣保護地柵のロープに2羽のコアジサシ絶滅危惧種だという飛行のシルエットは美しく細く長い翼はグライダーのよう他にはコチドリとハクセキ…

オオタカ

生まれたばかりは純白でしたが日が経つにつれ灰色が強くなってきました

ムクドリのヒナ団子

ムクドリの群れがやって来たすぐさまヒナたちが地上に降りて団子を作っていた人間でいうと横座り そろって上を向いて口を開けている以前見たのはエナガ団子 これはムク団子?親たちが餌を与える間もなく移動して行った

アオサギの赤ちゃん

どの時期までをヒナと呼ぶのか知らないですが、見た目は立派なアオサギの赤ちゃんまだ飛べません まだ餌も獲れません魚を獲ろうとして失敗、頭から水没恥ずかしそうにヨタヨタと上がってきたところを羽ばたき笑う双子の兄弟そんなアオサギくんたちですが、飛…

カイツブリは出産ラッシュ

いまの時期、カイツブリは出産ラッシュなのですねこちらの家族は5羽生まれていましたヒナの大きさも様々で倍くらいの差があります美人のおかあさんですね

巣がなくなってしまった

カイツブリが卵を温めていました 抱卵ですカイツブリの巣があるのでボートは近づかないで下さいと張り紙が貼られましたさらに数日後、立ち入り禁止の工事用テープで巣が囲われてしまいましたボートに注意喚起する目的の黄色いテープしかし、その1辺は巣から…

旅仲間と一夫多妻制

県境をまたいで谷津干潟に行って来たオオソリハシシギアラスカとオーストラリアの1万キロ、地球を縦に渡る旅鳥日本には春と秋に立ち寄るそうな繁殖地のアラスカに向かう途中に寄ってくれた中には1週間ノンストップで飛び続けるものもいるそうです キアシシ…

ツバメ

ツバメって写真撮ってみて思うのですが愛嬌のある顔してます犬ならパグかな~オスメスの判断は尾の長さ 長いほうがオスだそうですこれはどうでしょう?私には並んでないとわかりません巣作りの泥を、小さな口で集めていました耳かき何杯ぶん?これであの大き…

ウミネコ

野鳥写真39種類目 ウミネコ緊急事態宣言延長6月20日まで少ない感染者数でも医療逼迫で病院に行けず毎日100人以上の死者が出る日本日本医師会に何も言えない菅総理命より票の心配ですか?